Class of 2008 - サマリ

Class of 2008 8名のプロフィールです。


No バックグランド 社費or私費 性別 年齢
1 日系コンシューマグッズ 社費 33
2 証券 社費 29
3 公益事業 社費 33
4 製薬会社 私費 34
5 ITコンサル 私費 28
6 外資系金融 私費 32
7 経営コンサル 社費 31
8 通信 私費 31

Class 0f 2008 - No1

1. MBA志望理由:(会社派遣)
会社の経営計画に携わる課程で、合理的な意思決定を行う必要を強く感じた。そこで、一旦、幅広い経営に関する理論を学んだ上で、それらを自社の意思決定プロセスのブラッシュアップのために生かしたいと考えた。 

2. IESEを選んだ理由:
1) ケーススタディにより、理論一辺倒にならない授業であること

2) 特定の国の生徒が集まっているわけではなく、教授、生徒ともインターナショナルであること。アメリカのビジネススクールは、半分以上がアメリカ人であるが、欧州のビジネススクールは多彩な出身地であることは大きな決め手になった。

3) バルセロナが住みやすい地であること。家族(子供含む)も帯同する予定であったため、場所を重要視。 


3. バックグランド:
コンシューマーグッズの会社に約11年勤務。その間、営業(4年)、海外駐在(1年)、経営(6年)の業務を経験した。 


Class of 2008 - No2

1. MBAの志望理由:
語学力の向上と仕事以外で何か新しいことにチャレンジしてみたかったので。 

2. IESEを選んだ理由:
会社の先輩からの強い勧めとスペイン語も同時に習得できるという点が非常に魅力的だったので。

3. バックグラウンド:
経済学修士


Class of 2008 - No3

1. MBA志望理由: 
公益企業の経営計画部門というある意味偏った場所でMBAスキルの大部分をOJTにて習得してきており、知識の整理・土台の補強・更なる発展のためには、オフィシャルなMBA訓練により、それらの経験を一般化する必要があると感じたため。 

2. IESEを選んだ理由:
- 徹底したケーススタディの活用によるマネジメント訓練こそが、仕事の合間にする独学や学部時代の座学とは異なる、MBAの本質と考えたため。IESE方式はこのようなニーズに合致していると考えた。

 

- 今後のキャリアパスを考えた時に、ジェネラル・マネジメントに定評のあるMBAを選ぶ必要があったため。

 

- IESEの国際性・多様性。少なくともクラスの大半がアメリカ人という彼の国のMBAは避けたかった。

 

- 海外生活初心者のため、所謂外国の歴史の趣を感じさせつつも、ある程度の規模がある生活しやすい都市が良かった。バルセロナは気候・歴史・利便性とも申し分なし。 

3. バックグラウンド:
 
    大学:経済学部
    仕事:公益企業9年 


Class of 2008 - No4

1. MBAの志望理由
仕事上MBA留学経験者や外国人と接する機会を通じ、自分はなんとなく自分の経験と 感覚だけで仕事を進めていることに気づき、体系的に理論を学んでみたいとの思いか ら、MBAの進学を考えるようになりました。また、卒業後のキャリアの幅がより広がるかなぁと思ったことや、ちょうど仕事やプライベートでタイミングがよかったこともあり、この機会を逃したら難しくなるなぁと思ってAPPLYしました。

2. IESEを選んだ理由
米国には在住経験があったため、自分の全く知らない文化に触れてみたいと考えて欧州MBAを考えはじめました。その中でもGeneral Management系が強く、かつケースを主体とする学校を考えていましたが、実際にAPPLYする前のキャンパスでのOpen Dayに参加した際に、模擬授業を受けてケースでディスカッションに入るのは結構気合が必要だったので、相当鍛えられるなぁと感じIESEを志望しました。
 

 

また、キャンパスビジットをした中で学校、町の雰囲気・気候が一番よく、また、もう一つの言語、スペイン語を習得することができるという+αもあり、IESEに進学を決断しました。OPEN DAYやキャンパスビジットは学校の雰囲気を知ることやアドミッションの際にかなり有利になるので、志望されている方は是非ビジットをオススメします。

3. バックグラウンド
    学士課程:文芸学部マスコミュニケーション学科
    実務経験:製薬企業 勤務年数:10年
    職務内容:MR、広報、マーケティング他 


Class of 2008 - No5

1. MBAの志望理由
前職4年間働いて、そろそろ違うことがしたい。 ビジネスを体系的に学びたい。 20代最後の2年を楽しみたい。 結果、MBAという選択になりました。

2. IESEを選んだ理由

ヨーロッパのそれなりのランキングの2年制MBA MBA+α(スペイン語) バルセロナの町。サッカー 

3. バックグラウンド

学士課程:心理学部 ITコンサルで4年間勤務 


Class of 2008 - No6

1. MBAの志望理由
在職中、FTや日経の1面を賑わす大きな企業不祥事を経験しました。社内で事件の顛末をつぶさに体験し、またその事後処理に直接関わることで、企業文化の構築と経営陣・マネジメントの良否がいかにビジネスの長期的な成功にとって重要であるかを痛感しました。組織論、成果主義人事システムの功罪、企業の社会的責任(CSR)等の分野で見識を深めたいと思いMBAを志望しました。

2. IESEを選んだ理由
8年という長期にわたって極めて“アメリカ的な”企業に勤めたため、今度は“ヨーロッパ”という別の視点に身を置いてみるのはとても有益と考えました。学校を決める際にはアメリカ数校、ヨーロッパの主要校をキャンパス訪問しました。実際にIESEを訪問してみて、キャンパスや学生、スタッフの明るい感じ、バルセロナという街の雰囲気をとても気に入りました。
 

 

学校のランキングや授業の質が大切なのは言うまでもないことですが、これから2年間に渡って実際に生活し、時間を過ごす場所ですから、学校を選択するにあたって街の様子や暮らしやすさなどは非常に重要な要素だと思います。因みに、帰りの空港でばったりロナウジーニョに遭遇してしまいました。これも何かの縁かもしれません。

3. バックグラウンド
法学部卒業後、外資系金融機関に就職。主に為替・金利系のデリバティブ商品の開発、セールスに携わりました。 


Class of 2008 - No8

1. MBAの志望理由:
エンジニアとしてキャリアをスタートしたが、新しいプロダクト・新しい組織の立ち上げを経験する中で、さらに会社全体のプロダクト戦略の立案や組織運営に興味を持つようになり、そうした分野に必要な知識を短期間で体系的に習得したいと考えたため。

2. IESEを選んだ理由:
1.アメリカでの勤務を経験していたので、つぎはヨーロッパのビジネスを学んでみたいと考えた。
 

 

2.アントレプレナーシップに興味があったので、ベンチャーファンドがあり、アントレ系の選択科目も充実しているというIESEに魅力を感じたため。
 

 

3.中南米好きで、大学時代に何度か旅して回って以来、ラテンアメリカのビジネス開発に興味をもつ。スペイン語を学習し、中南米出身のクラスメイトから文化を学びつつ、ラテンアメリカに展開しているスペイン企業との関係を深めることができれば、と考えたため。 

3. バックグラウンド:

    学士過程:社会学部
    職務内容:ITエンジニアリング、プロジェクトマネージメント、プロダクトマネージメント