Class of 2018 - 日本人学生プロフィール

Class of 2018 日本人学生のプロフィールをまとめました。

 

新入生の人数は16名となり、世界のトップビジネススクールの中でも依然として最大規模の日本人学生数を維持しています(Class of 2017: 17名、Class of 2016: 21名)。私費・社費構成比は、社費が2/3程度で、社会人経験年数は8年程度(平均値)となっています。

 

#

出身業界

私費/社費

性別

社会人年数

1

総合商社

私費

8

2

損害保険

社費

10

3

メーカー

私費

6

4

エネルギー

私費

9

5

電機メーカー

私費

8

6

消費財

社費

12

7

公務員

社費

7

8

金融(証券)

社費

10

9

サービス

社費

5

10

総合商社

私費

6

11

商社

社費

8

12

通信

社費

10

13

総合商社

社費

9

14

戦略コンサルティング

社費

5

15

非鉄/セメント

社費

11

16

日系金融機関

私費

9  

 

 

 

Class of 2018 - #1

 

1.バックグラウンド

 

総合商社 私費 男 社会人経験8年

専攻:経営学、職歴:発電・変電所建設プロジェクト(5)→自動車生産ライン立ち上げプロジェクト(3)

 

2MBA志望理由

 

1. 自らが最も成長できる環境(最もチャレンジングな環境)MBAにあると思った為

2. 国際経験を身につける為 (留学・駐在経験なし)

3. 経営の知識を身につける為 (将来経営者になりたい) 

 

3IESEを選んだ理由

 

1. ランキング上位

2. Case Study

3. 厳しいプログラム

4. キャンパスビジットや卒業生と話した際に感じたフィット感

5. バルセロナという最高のロケーション (サッカーが好きであった為)

 

4.メッセージ

 

私は私費受験でしたので、受験中は仕事の負荷を考慮されない時期もあり、夜中12時まで仕事をして、その後、机に向かうことも多々ありました。家族もいましたが、受験を優先させた為、家族との時間を作ることが一切できませんでした。そのような環境でしたので、自身の精神力が試される受験でした。なぜMBAなのか、なぜこの大学なのかについて、深く考え、納得していたからこそ厳しい受験を乗り切れたと思ってます。

受験のプロセスの中で、キャンパスビジットは一つのターニングポイントでした。学校、生徒、授業の雰囲気を肌で感じることができ、具体的に自分が学んでいるイメージができました。大学選定に迷っている受験生にはキャンバスビジットをお勧めします。

 

 

Class of 2018 - #2

1.バックグラウンド

 

損害保険 社費 男 社会人経験10年

専攻:法学部、職歴:海上保険 6年→駐在(ロンドン) 1年→海外戦略・M&A 3年半

 

2MBA志望理由

 

過去10年間担当者として仕事に必要なスキルを身につけてきたが、今後経営人材を目指すにあたり、長期的視点で深い洞察を持って業界や会社の方向性を考える力が必要不可欠と実感。MBAでは、ハード・ソフトスキルの習得のみならず、自分が経営者ならどう判断するかを徹底的に考える環境が用意されており、トレーニングの場として最適と考えた。

 

3IESEを選んだ理由

1. コミュニケーション・インタラクション重視のプログラム

ビジネスは知識やスキルを超えた部分(いかに周囲の人間に影響を与え説得するか)で決まると思っているため、ケース等を通じて日々教授や学生との対話を求められるIESEのプログラムは魅力的であった。

 

2. ジェネラルマネジメント

特定分野にフォーカスするのではなく、個々の分野の知識・スキルを統合してマネージャーとしていかに意思決定するかを学びたかった。

 

3. ロケーション

家族(妻、1歳の娘)帯同のため、生活環境も重視。バルセロナは街がコンパクトで、気候や食事も素晴らしく、おススメできます。

  

4.メッセージ

 

IESEに入学にして、噂通りのスパルタなカリキュラムに四苦八苦していますが、ストレッチする分だけ成長も大きいと感じています。ここで出会った仲間も最高です。本当に来てよかったです。(ただ英語での議論は本当にしんどいので、入学までにできる限り英語(受験英語ではなく実践的な英語)を勉強しておくことをおすすめします。)

学校選びや出願戦略において、在校生の生の声を聞くことが最も効率的かつ信頼性が高いと思います。IESEに興味があり、HP等で得られない情報を知りたいと思われている方がいらっしゃいましたら、ぜひ遠慮なくご連絡ください。

仕事と両立しながらのMBAチャレンジは本当に大変だと思いますが、最後まで自分を信じて、自分の持っているものを総動員してあたれば必ず道は開けると思いますので頑張ってください!

 

 

Class of 2018 - #3

1.バックグラウンド

 

メーカー 私費 女 社会人経験6年

経済学部卒業後、前企業に就職。財務会計、海外勤務(1)、管理会計を経験。

 

2MBA志望理由

 

・今後仕事をしていく上でしっかりビジネスの基礎を築くため

・国際的な場でも活躍していけるような英語やスキルを身につけるため

・キャリアチェンジ

 

3IESEを選んだ理由

 

InternationalDiversityな環境(→欧州校)、ランキング上位、2年制の学校

・ケースメソッドが実用的:Problem solving, Critical thinking, Decision making能力を練習できること

・人:受験プロセスやキャンパスビジットでIESEの卒業生や在学生とお話しする機会がありとても親身になってアドバイス頂いたこと

・バルセロナ:多額な投資なので、勉強ももちろん人生も楽しみたい

 

4.メッセージ

 

お仕事をしながら、GMATやエッセイ、学校研究などを進めて行くのは大変だと思います。一人で悩まず受験仲間を積極的に見つけてください。MBA在学生や卒業生も多かれ少なかれ同じような思いをしている方はいますので、ぜひ相談してみてください。また、将来のキャリアや人生をじっくり考えて自分にフィットする学校を探してみてください。1年後には希望の学校で勉強し自分の夢に近づけるよう、あともう少しの辛抱です。応援しています。

 

 

Class of 2018 - #4

1.バックグラウンド

 

エネルギー 私費 男 社会人経験9年

外国語大学卒。石油開発会社入社後、日本国内にて資材・契約部門(2年半)、豪州LNG開発プロジェクトにてロジスティクス部門(6年半)に従事。

 

2MBA志望理由

 

1. グローバルビジネスに要するハードスキル、ソフトスキルの習得

 - 前職では一つの分野で深く掘り下げる経験を通じて自身の職種・強みが明確に成った一方、ビジネススキル全般を体系的に伸ばしたかったこと

 - 駐在とは異なり会社の後ろ盾が無い環境に身を置くことで、グローバルなビジネス環境において自身が伸ばしていくべき能力を見つめ直す機会がほしかったこと

 

2. キャリアチェンジ

 

3IESEを選んだ理由

 

1. Social Innovation / Social Entrepreneurship に尽力したMBAプログラム

2. クラスメートの多様性(国籍、業界、職種)

3. スペイン語習得機会

4. 二年制(転職活動(インターン、就活、準備作業)、学業、その他クラブ活動など、個人的に、一年制では達成できることに限界があると感じたため)

 

4.メッセージ

 

MBA 受験の自己分析を通じて人生を振り返るとともに、これから自身が挑戦する夢・目標を再発見することができたことはとても意味のある時間でした。当初は社費留学を検討していましたが、私費留学に変更し、掲げた方向に突き進んでいくべくアクション中。

また、個人的には、受験期間中、豪州に駐在していたため日本開催の説明会などに一切参加することができず、MBA受験全般に係る情報収集が困難な状況でしたが、2016 IESEの方々が、快くSkypeでキャンパスライフについてお話ししてくださったことは良い刺激になりました。

月並みですが、自身の目標をクリスタルクリアにした上で、在校生の生の声を聴いて自分にフィットする学校選びをすることが、受験だけでなく、その後のMBA 生活を含めた長期間にわたり、良いモチベーションを保つ源になるかと想います。

 

 

Class of 2018 - #5

1.バックグラウンド

 

電機メーカー 私費 男 社会人経験8

国際コミュニケーション学専攻、海外営業部日本勤務4年、ドバイ駐在4年(駐在員として電気製品の拡販から戦略、コスト管理などを担当)

 

2MBA志望理由

 

⑴ 今までの自分の業界にとらわれない広い視野を持つため

⑵ グローバルなネットワークを作り今後のキャリアに活かすため

⑶ 同じ業界での転職ではなく新しいものに挑戦したかったため、その機会を広げるためMBAを活用したかった。

⑷ 転職する前にビジネスについて知らないことが多すぎることも自覚していたため、ビジネス一連の流れを短期間で学びたかったため

 

3IESEを選んだ理由

 

・生徒や教授陣のダイバーシティ

・ケースメソッドによる実例に基づいた授業

・スペイン語習得

・ランキング(一緒に学ぶ学生のレベルやモチベーションにも影響すると感じたため一つの指標として考慮しました)

 

4.メッセージ

 

GMAT

GMATは一番苦しみましたし、二度とやりたくない、こんなもの今後の人生に役立たないと思っておりましたが、あとになってIESEの授業を受けて、やっておいて良かったと思えました。授業ではコスト計算や様々な計算を英語でする必要があり、その際にGMATでやっていたからわかる部分もたくさんありました。今後にも活かされますので、諦めずに頑張ってください。

 

これまでのIESE

かなりハードスケジュールとはわかって入学し、やっと1ヶ月経ちましたが、本当にハードです。まだ充実して楽しめるレベルには至っていませんが、一方で仕事を辞めて、授業料を払ってきていることを全く後悔させないくらい充実したプログラムだと感じています。厳しい環境で学びたいと思っている方にはベストな環境だと思います。

 

 

Class of 2018 - #6

1.バックグラウンド

 

消費財 社費 男 社会人経験12年

教育学専攻、消費財メーカーで営業5年、経営企画7

 

2MBA志望理由

 

・当社は買収を繰り返して急速に海外展開を続けており、その中で将来経営を担っていくためには、これまでの職務経験で得た知識・経験を再整理すると同時に、リーダーシップをはじめとした経営者としての素養を身につけたい(表向きの理由)

・さすがに同じ部署で7年もやってると、結果はどうあれ「こなす」「さばく」スキルが身についてダレてる気がしていたので、完全にアウェイな環境の中で、これまで味わったことのない修羅場を経験して、自分に喝を入れたい。あと純ドメなので英語漬けの環境もほしい。(本音)

 

3IESEを選んだ理由

 

「ケースメソッド」「ダイバーシティ」といったIESEを象徴するワードに加えて、大学時代の第二外国語がスペイン語(今は基礎から勉強し始めています)で、初めて海外旅行したのもバルセロナだったので、なんとなく点と点をつないでいるような感じで一人で盛り上がって、家族に相談もせずに、ほとんど最初から決めていました。

 

4.メッセージ

 

会社から指名されたのが4月末、そこから準備を始めたので本当にバタバタでした。土壇場で奇跡的に点もそろって、正月には妻と子供を私の実家に返して、一人でエッセイを書きまくるという反則技まで使って、なんとかギリギリ間に合わせることができました。

受験期間中はかなり精神的にも追い込まれますし、GMATで失敗したときに帝国タワーから飛び降りたくなったりしましたが、今となってはいい思い出です。

 

まだ学校が始まって日が浅いですが、チームはバックグラウンドも本当に様々で、想定以上に精神的にもmatureですし、既にケースの準備にアップアップしています。まさに自分が求めていた「ダイバーシティ」「修羅場」の渦中にいます。

 

 

Class of 2018 - #7

1.バックグラウンド

 

公務員 社費 男 社会人経験7年

公務員(法令の企画立案、マクロ経済政策調査、予算査定・編成、国際交渉)

 

2MBA志望理由

 

(1)自らの成長曲線が鈍化してきたのを強く感じ、自らの更なる成長のために何らか刺激になる経験が必要だと思いました。

(2)そのような中で、直近、海外との議論において自らの無力さに戸惑う経験をしました。それゆえ、「英語での議論に強くなる」こと、そのためのソフトスキルを身につけることが目下の課題だと強く感じました。

(3)日本にいる限りは、上記の劇的な改善は望めないので、海外に出て日常的に何かを議論するような環境に自らを置くことが必要だと感じました。そして、手っ取り早い手段はMBA留学だと思い、行動に至りました。

 

3IESEを選んだ理由

 

(1)議論に強い人間になりたかったので、日常的に議論するような環境に身を置きたいと思っていました。そういった意味で、チームで日常的にディスカッションしながら何かを学んでいくというプロセスを唄っている学校に行きたいと思っていました。

(2)また、MBAの卒業生は世の中にゴマンといる中で、MBAを卒業しただけでは他者との明確な差別化は図れないと考えました。+αとなる価値は様々あると思いますが、これからの自分のキャリアを考えた際に、話者の多い言語を第二外国語としてマスターすることこそが重要になると考えました。それゆえ、フランス語、スペイン語、中国語のいずれかを本気で学べる学校を選ぶことが重要だと考えました。そして、しっかりと言語を身につけるために、2年制の学校に選択肢を絞りました。

(3)仕事柄、たくさんの国々の方とお付き合いをするため、学生の構成ができる限りインターナショナルであることも重要視していました。

(4)その他、日本人同級生とのつながりは一生モノになると思っていたため、コミュニティの規模が持続的に大きいことも考慮要素の一つでした。

 

上記を勘案すると、選択肢はIESEESADEHECのいずれかでした。最終的には、アセスメントデーで将来の同級生の顔を見て、「彼ら彼女らと毎日議論できるのであれば、必ず成長するだろう」と確信できたため、IESEを選びました。

 

4.メッセージ

 

毎日超つらいです。朝8時から午後3時過ぎまで、フルスロットルでカリキュラムを受けた後は、家に帰って毎日6時間前後の勉強及びチームメートとのskypeでの議論が待っています。

量もさることながら、質の方もなかなかインテンシブです。たくさんの国々の様々なバックグラウンドの人間が集った真剣な議論の場に参加するためには、頭をフル回転させる必要があり、そのような人々の様々な意見自体が学びになります。そして自分自身驚いたのは、ダイバーシティの中に自分自身を置き、他者と対比することで、自分自身の新たな一面に触れることができるという点です。

質・量ともに、非常にきついので、バルセロナ観光気分は一瞬で吹き飛びます。ですが、どこまでも広がる青空と、最高のタパス・ワインが疲れを吹き飛ばしてくれます。IESE、僕も受験するまでは聞いたことがない学校でしたが、特にヨーロッパのMBAを考えている方、選択肢の一つにしてもいいかと思います。キャンパスビジットされる方、「毎日超つらい」という話と最高のワイン・生ハムでおもてなしいたします(多分)。お気軽にお声がけいただければ、と思います。

 

 

Class of 2018 - #8

1.バックグラウンド

 

金融(証券) 社費 男 社会人経験10年

専攻:統計学、証券個人営業 2年半、システム企画部門(プロジェクトマネージャー)2年、システム統制部門(IT投資予算企画策定・統制+海外拠点管理)5年半

 

2MBA志望理由

 

1.IT投資を通じてマネジメント層の意思決定に携わる中で、自分自身の視野の狭さに気づき、経営全般を学ぶことでそれを解消したいと考えたため

2.Internationalな環境に浸かること。英語を”使える”レベルにまで引き上げること

3.将来的なキャリアチェンジ

 

3IESEを選んだ理由

 

1.真のダイバーシティ

2.負荷の高いプログラム

3.ケーススタディを通じて様々な業界知識を手に入れられる点

4.スペイン語を学べる環境

5.魅力的な住環境(バルセロナ)

 

4.メッセージ

 

IESEのクラスメイトは想像以上にInternationalであり、今まで自分が会うことのなかった人々に良い意味で日々驚かされています。また、Caseを中心とした授業は想像以上に厳しいことは確かですが、それ以上にクラスやチームミーティングでの学びが自分自身の血肉となっていることを実感します。受験については、私は点数(TOEFL/GMAT)が伸びず、大変苦労しました。ただ、諦めずに努力し続ければ道は開けると思います。頑張ってください!

 

 

Class of 2018 - #9

1.バックグラウンド

 

サービス 社費 男 社会人経験5

大学は経営学科を卒業。入社後1年間は現場研修。その後本社で海外施策やIR等を担当。

 

2MBA志望理由

 

・仕事で海外施策に携わる中で、外国人と対等に議論できる語学力の必要性を痛感したため。

・今後のキャリアで海外での事業開発に携わりたいと考えていた中で、ファイナンスやマーケティングなどビジネスの基礎を英語で学ぶ必要があると考えたため。 

 

3IESEを選んだ理由

 

・1日3ケースという厳しいプログラムに取り組むことによって、ビジネスの基礎力を最大限に強化できると考えたため。

・世界の各地域から相当数の学生が来ており、多様性の高い環境で様々な価値観に触れることができると考えたため。

・立地の良さ。2年間生活するので大事な要素だと思います。

 

4.メッセージ 

 

MBA受験は、ほとんどの方が平日仕事をしながら週末に勉強するというストイックな生活になると思います。私自身その生活の中で孤独感もありましたし、スコアも思うように伸びない時は、本当に苦しかったですが、諦めなければ必ず報われると思います。合格後、まず日本人の他の合格者の方と会うと思いますが、本当にみんなコーペラティブで良い仲間です。また、IESEの各国から来ている学生も本当に優秀です(私は南米のビジネスマンのイメージがあまりなかったのですが、彼らも本当に優秀な人たちばかりです) 授業は想像以上にハードですのでそれなりに覚悟しておいた方がいいかもしれません笑。でもそのハードな環境な中でチームメイトや日本人の仲間と助け合うことで強い関係ができていると感じます。 ぜひバルセロナにいらしてください。お待ちしております。

 

 

Class of 2018 - #10

1.バックグラウンド

 

総合商社 私費 男 社会人経験6年

私大経済学部→総合商社(事業開発、インフラ投資を担当)

 

 

2MBA志望理由

 

私の場合、まず前職を辞めるという結論があり、幾つかある次のステップの中からMBAを選んだ、というのが決断の流れでした。オプションとしては転職(ベンチャー/コンサル)、MBA、に加え私の場合はビジネス系のデザインスクールもやりたいことと照らして入ってきており、正直MBAの受験を進めながらも、このどのオプションに進むべきか悩み続けました(決断力がない、、、)。 

 

MBAに興味を持ったのは、純粋にビジネスの裏側にある人間心理や経済の仕組みに興味があったというのが半面と、もう半面は一定のステータスを得る(何かリスキーなベンチャー等に挑戦して失敗しても、再就職先が見つかりやすい(かもしれない))というのが本当の本音のところです。よって、何かプラクティカルなものを期待していたわけではありませんでした(この点は、実際に来てみて考え方が変わりました)

 

 

最終的にはまずMBAに行くことにしたのですが、一つは上記したMBAに興味を持った理由が2年という時間と費用をかけても価値があると判断したことと、もう一つは私がなりたい像になるためのスキルセットを考えると、デザインスクールよりはビジネススクールの方がそのスキルセットをよりカバーしていると考えたためです。何にせよ非常に微妙な判断で、大いに悩みました。

 

3IESEを選んだ理由

 

IESEは「スペインにレベルの高いMBAがある」ということを知人から受験の数年前に聞き、それ以来ずっと頭に残っているスクールでした。

調べると、バルセロナというスタートアップが盛り上がっている街の中にあり、またナイロビや上海といった新興国に分校がある先進的な大学で、ベンチャー企業や新しい市場が好きな自分にビビッと刺さる要素があり、すっかりと好きになりました。

 

また、厳しいプログラムの「特訓」的な色彩が強いスクールで、勝手にハンターハンターの序盤で「念」をひたすら練習するシーンを思い浮かべ、自分も念能力者のように特訓をするのだと勝手に想像していた点もポジティブに働きました(実際に来てみての感覚では、あながち遠くない比較だと思っています)。

 

4.メッセージ

 

(1) 実際にIESEのプログラムに参加してみて、私としては想像よりもずっと授業自体から得るものがあると感じています。一つは「物事を多層的に見る」ということで、リーダーシップやマーケティングなどトピック毎に何十もの物語(ケース)を自分に置き換えて読み、それを授業でディスカッションすることで、物事には色々な側面があるということに改めて気付きます。それが、例えば新聞でニュースを読んだ時や、前職の同期と話し会社の状況を聞いた時に、今まで意識していなかったリーダーシップの視点や組織デザインの視点にも頭が働くようになり、何となく「特訓」の成果が出てきていると感じています。もう一つは「不確実な状況を不確実と受け入れた上で決断をする」ということです。ケースでは大体が明確な答えがなく、でもそのような状況でも決断をしなければならないのですが、授業ではその状況でいかに論理立てて決断をしていくのかということをひたすらやります。このような状況は現実世界でもそのまま出てくるので、すごく役にたつトレーニングだと感じています。こうした特訓の価値を感じた時に、IESEに来て良かったと感じています。

 

 

(2) MBAの受験は私はひたすら悩みに悩んでここまで来ているのですが、結果的に長期的にやりたいことを考える非常に良い機会となったと思っています。これから受験される方も是非頑張ってください!!

 

 

Class of 2018 - #11

1.バックグラウンド

 

商社 社費 男 社会人経験8年

中国文学・語学専攻 中国留学経験1年 シンガポール勤務経験2

 

2MBA志望理由

 

投資業務に従事する中で、海外の出資先のマネジメント職や取締役業務を行うことを見据え、自己の判断力と多様な価値観を持つ経営人材とのコミュニケーション、合意形成力を高める為。

  

3IESEを選んだ理由

 

学生は約80%が外国籍であり、過去の経営課題、経営判断を題材とした約600Caseを通じて、自己の判断基準の精度向上、及び国際的なコミュニケーション及び合意形成力の強化に適した環境である為。

 

4.メッセージ

 

Diversityの高さとカリキュラムの過密さが両立されているので、就職活動やネットワーキングに加えて、しっかりとGeneral Managementを勉強したい方にはお勧めです。また、バルセロナは過ごしやすい気候で、地理的にも普段の生活や旅行を通じて欧州文化を吸収するのに適した環境だと思います。

 

 

Class of 2018 - #12

1.バックグラウンド

 

通信 社費 男 社会人経験10年

大学・大学院で情報工学を専攻。入社後、法人向けの新規事業(モバイルマーケティングのコンサルティング等)5年、クレジット事業のサービス企画・システム開発5年。

 

2MBA志望理由

 

・新規事業を展開していく上で、国境の枠に縛られず、ビジネスを考え、実行していく力が必要と感じたため。

  ーグローバル(多様性)の環境でのチームワーク・マネージメントの経験。

   (英語でのコミュニケーションの実践を含む)

  ービジネスを立ち上げ・運営していくためのスキルの強化。

 

3IESEを選んだ理由

 

・グローバルの多様性と社交的な雰囲気(カルチャー)

・クラスへのパティシペーションが重視されている点

 (嫌でもしゃべらないといけない環境)

・厳しいカリキュラムでしっかりと勉強ができる点

・アントレ関連のプログラムが充実している点

・バルセロナの立地(サッカー・ワイン・スノーボード)

 

4.メッセージ

 

全く海外のバックグラウンドがないので、まだまだ英語で苦労しています。

受験勉強は大変だと思いますが、特にリスニングをしっかりやることで、MBAの来てからの学びも大きくなる(授業の内容がしっかり分かる、クラス内のディスカッションに参加していける)と思いますので、頑張って下さい。

 

 

Class of 2018 - #13

1.バックグラウンド

 

総合商社 社費 男 社会人経験9年

経済学部国際経済学科卒、主計部5/ベネズエラ自動車製造子会社経理マネージャー3/M&Aアドバイザリ1

 

2MBA志望理由

 

南米ベネズエラでの自動車製造会社で、工場1,000人の中で日本人が1人だけという3年の駐在生活でスペイン語漬けの毎日の中、外国語でのコミュニケーションやマネジメントとして、チームを鼓舞するようなリーダーシップ力が自分には圧倒的に欠けていると感じた。 日本帰国前に再度海外駐在の経験を待つよりも、MBAの方が圧倒的に自身の能力を短期集中で伸ばせると思い志望した。また、学生時代に留学の経験をしたことがなかった事が頭にひっかかっていたので、後悔しないよう最後の留学のチャンスだと思った。

 

3IESEを選んだ理由

 

今後のキャリアの差別化のために、スペイン語のMBAに行きたいと考えていたため、英語とスペイン語のバイリンガルMBAが可能なIESEを第一志望にした。スペインや南米からの生徒の割合が多い事や50以上の国から生徒が集まっていることにも魅力的に感じた。

 

4.メッセージ

 

海外勤務でも同じことが言えたが、MBAにおいても仕事の中で学んだ専門的知識はかなり役立つ。自分のケースでは財務会計(財務諸表作成)や管理会計(原価計算や損益分岐点計算等の意思決定会計)がそれに当てはまり、その知識がチーム内の存在感を保つのに、非常に役に立っている。

 

 

Class of 2018 - #14

1.バックグラウンド

 

 

戦略コンサルティング 社費 女 社会人経験5年

経済学部卒、戦略コンサルティングファーム勤務

 

 

2MBA志望理由

 

実際のビジネスを学ぶ時間と機会が必要であったため

 

 

3IESEを選んだ理由

 

欧州のトップスクールであること、場所

 

4.メッセージ

 

 

MBA受験は将来の目標や自身の強み・弱みだけでなく、パートナーとの関係や将来の生活の仕方について話し合う良い機会となりました。

 

MBAでは目的意識をしっかりと持ち、周りに流されず時間を有効に使っていくことが大切と痛感しています。

 

 

Class of 2018 - #15

1.バックグラウンド

 

非鉄/セメント 社費 男 社会人経験11年

法学部卒業後、国内の非鉄製錬所で約3年間総務を担当した後、本社の法務室で契約法務や会社法務関係を担当。

 

2MBA志望理由

 

・自分の専門分野を広げたいため。

・経営の意思決定により広い視野から、関与できる人材になりたいため。

・国際経験を積みたいため。

 

3IESEを選んだ理由

 

・国際性が豊かで様々な国の人と知り合う機会があるため。約70か国から学生が集まっています。

General Management教育に力を入れていて、経営の意思決定の方法や考え方について深く学べるのではないかと思ったため。

・ケーススタディで自分の語学を磨きたいと思ったため。

 

4.メッセージ

 

MBAが始まって怒涛のように時間が流れています。ほぼ初めての海外経験なので、自分を振り返る余裕はあまりないですが、日々ベストを尽くして充実した2年間にしたいと思っています。

 

・受験される方には、在校生サイトから在校生にコンタクトして、現地のお話しを直接聞くことをお勧めします。また、GMATは自分も苦労しましたが、スピードを意識して勉強したら、自然と点もアップして行ったので、スピードが肝心だと思います。

 

 

Class of 2018 - #16

1.バックグラウンド

 

日系金融機関 私費 女 社会人経験9年

専攻:法学部法律学科、職歴:ストラクチャードファイナンス業務

 

2MBA志望理由

 

・多様な国籍、職種のひとたちをとりまとめるリーダーシップスキルを身につけるため

・一度立ち止まって多様な生き方に触れたかったから(特に女性として今後出産、育児など様々な人生のステージを迎えていくなかで、幸せな人生を歩んでいくためには「働く」ということについてフレキシブルなマインドセットが必要になると感じたので)

 

3.IESEを選んだ理由

 

・ケーススタディ、チームワーク重視

・人格形成にも配慮したプログラム設計("Leaders you can trust"というスローガンにピンときました)

・ちゃんと勉強しながらも、QOLを追及できる環境に身を置きたかったため(学校のプログラムはハードですが、バルセロナの街(美味しいごはん、青い空、週末のイベント等)に癒されます)