欧州MBAの醍醐味は週末や連休の旅行にあり!

はじめまして、IESE 1年目のTNです。私からはIESEの魅力を別の視点からご紹介したいと思います。それ即ち、欧州、とりわけバルセロナにあるMBAの醍醐味は週末や連休の旅行にあり、ということです。

まず、近場のバルセロナから。週末は勉強に追われることも多々ありますが、わずか数時間だけ時間を確保出来れば、すぐ天才ガウディの作品の数々を見に行けるのが最大の魅力。それに加え、ガウディ以外にも世界遺産に指定されているカタルーニャ音楽堂や、バルセロナの街が一望出来るティビダボ山のサグラダ・コラソンやモンジュイックなど、見所は満載。住みながら観光気分をいつでも味わえます。平日の夜だって、気分転換にフラメンコを観に行ったり出来ちゃうのです。

 

また、三連休なんてあろうものなら(実は結構あります)、ミュンヘンのオクトーバーフェストでビールを飲んだくれるも良し、パリやミラノへひとっ飛びしてストレス解消にお買い物ツアーに出掛けるもよし。はたまた、ロンドンやマンチェスターを訪れてプレミアリーグ観戦なんてのも大いに可能です。アメリカの学校ではこうは行かないでしょう。

 

更に、冬季休暇など一週間以上の長期休暇には、もう少し時間をかけてプラハの街並み散策、ドイツのお城巡り、モロッコの砂漠体験などはもちろんのこと、アフリカ南部に飛びサファリの動物など大自然を堪能出来るのも欧州のMBAならでわです。その他、アイスランドやクロアチアなど、同級生や先輩は他にも色々な所に行っています!

 

余談ですが、僕のクラスメイトの一人は、期末テスト直後の冬休みに遠距離恋愛中の彼女がバルセロナに遊びに来て、スペイン国内やフランスなど約二週間かけて欧州旅行を楽しむはずが、旅行中にお互いの不一致が浮き彫りになり、旅の途中にも関わらずパリのシャンゼリゼ通りのカフェで関係に終止符が打たれたらしいです…。そんなドラマチックな体験が出来るのも欧州MBAならではじゃないでしょうか笑。

 

欧州MBAでこそ得られるものは、ビジネスにおける体形的な知識や幅広いネットワークは勿論のこと、周辺諸国の深い歴史に裏付けられた文化に触れる機会です。人生は一度きり。より彩りある人生を送りたい人には迷わず欧州のMBAを、特に数少ない2年制であり、且つ世界遺産がひしめくバルセロナのIESEをお薦めします。