IESEへの交換留学体験記 (1)

今回は、秋学期の9月〜12月に、新潟県にある国際大学(IUJ)より交換留学に来ていた伊藤さんのIESEの感想をお伝えしたいと思います。


***


国際大学よりIESEに4ヶ月間交換留学に来ていた伊藤です。私の在籍元のIUJは新潟県にあり、全クラス英語のMBAです。学生は日本人が2割弱で、東南アジア、中央アジアの学生が多いです。


私が交換留学先としてIESEを選んだ理由は、学生の多様性です(編注1)。特に、IUJと違って、欧州や南米の学生が多い点に興味を持ちました。例えば、ある授業のグループワークでは、チームメンバーの大部分が、チリとスペインの学生で、議論が突然スペイン語になることがありました。また、他の授業のグループワークでは、メンバーの大部分が、ブラジルの学生で、こちらは突然ポルトガル語になることがありました。


また、経済から社会問題までを経済理論で分析する応用国際経済学(編注2)という授業では石油・ガス価格の話題になると、先生がよくロシア学生たちに話を振り、彼らのコメントに、米国、ドイツ、イタリアの学生がまたコメントしていました。また、先生は国債債務不履行の話をする際、アルゼンチン学生がいないのを確認していました。


アルゼンチンの最近の国債債務不履行を揶揄ったジョークを言うために。


ちなみに、他の授業で、アルゼンチン学生がプレゼンで笑いを取るために、自国の国債債務不履行を自虐的に話していましたが。


このように、多様な学生の中で授業を受け、グループワークを行えたことは大変貴重な経験でした。4ヶ月間だけの短い期間でしたが、IESEでの交換留学は私に多くの学びを与えてくれました。


***


(編注1)

IESEのStudent Profile。詳しくはこちら


(編注2)

2年次の選択科目のシラバスは公開されています。科目によっては、教授によるクラス紹介ビデオも投稿されています。以下リンクより、2014/15年度(秋・春)に開講されている2年次の選択科目シラバスをご覧になれます。