ベルリンスタートアップTrek

1年生のUです。IESEでは、沢山のTrek(要は遠足)が企画されます。各人の興味に合わせ、特定の分野にフォーカス

したTrekHealthcare@Basel)、Start-up@BerlinBarcelona)、Energy@GermanyNetherland) 等)、地域にフォーカスしたTrekIsrael, BrazilDubaiMexicoSilicon Valley等)に参加可能です。

  Trek一覧は学校HPに掲載されています。

Link: http://mba.iese.edu/career-impact/career-treks/

 

Trekは、学生によって企画運営されます。各Trekは競争率が高いものも多く、参加者は志望動機や熱意を示す作品を提出して参加を勝ち取ります。今回、その中でもBerlin Start-up Trekに参加することができました。

 

1Why Berlin?

Berlinは、1989年のベルリンの壁崩壊以降クリエイティブな町として発展してきました。特に、他都市からのアクセスがよく、物価が安く、資本ニーズと資本家ネットワークが存在することから、スタートアップシーンが盛り上がりを見せています。有名企業はロケットインターネット中でも、テック関連のスタートアップシーン向け投資額は2014年に⒛億€となり、ロンドン(14億€)を上回っています。政府もこの動きを後押ししており、国外から起業を目的に移住する若者も多く、インターナショナルな都市が形成されています。有名企業は何といってもRocket Internetです(詳細後述)。

 

2Berlin Trek概要

Berlin Trekは、BerlinStart-up市場を知り、参加学生のインターン・フルタイム機会獲得に繋げることを目的としています。開催時期は1st Termの期末テスト直前の2日間、参加人数は20名程度(1年生、2年生半々)です。

各々がベルリン入りし、2日間の間にVC2つ(エンジェル投資家含む)、各フェーズ・業界(食料関連NGOFintechNo.26)・HealthcareMEDIGO)・Stream ServiceSound CloudLuxury)のStart-up及びRocket Internet、並びにVCに特化した弁護士事務所を訪問しました。

 

3Berlin Trekで何を感じたか

Berlin Trekのキーポイントは以下の4点だったかと思います。

 

    Rocket Internet

Rocket Internetは、シリコンバレーの最新のビジネスモデルをコピーし、欧州・アジアに展開、Exitするというビジネスモデルを取っています。彼らのバリューは100日間でビジネスモデルをコピー・ローンチするとうスピード感と当該スピード感を実現するプラットフォームであると感じました。2014年にIPOした後は人材流出も激しいとも言われていますが、事業セットアップを早いスピードでいくつも経験できるということで欧米MBA生も多く応募しています。特に今回往訪したほかのStart-upRocket Internet卒業生も多く、良くも悪くもBerlinスタートアップシーンの中心プレーヤーといえるかと思います。

 

    エンジェル投資家・起業家のマインドセット

今回の私にとっての一番の収穫は、エンジェル投資家・起業家のマインドセットを生で感じることが出来たことです。主観になりますが、起業家は起業をするということ自体にモチベーションを感じ、可能性のあるビジネスを見極め、(多くは)エンジニアとチームアップして起業しています。VCも過去の起業経験を重視して資金拠出をしており、事業立ち上げのプロになる覚悟を決めている様子は眩しくもありました。

また、エンジェル投資家は、見切りのビジネスなのかな、と感じました、例えば、20社投資して1社大当たりすればOKな職業です。前職の立場(銀行)からすると、1社が立ち行かなくなった場合、多くの時間を投資しますが、エンジェル投資家は他の有望投資先を求めることに重きを置いたほうがよっぽど効率的だという考え方になりがちです。メンタリティの違いに驚きました。

 

    国際性

海外MBAを目指す皆さまは、海外で働いてみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。現実として、手配一部大企業を除き、関係で数か月しか働かない留学生のVISA手配をする企業は少ないのも現実です(なお、スペインでは学生VISAでインターンすることが可能です。)。

但し、Berlinは政府の後押しもあり、比較的VISA獲得に柔軟性があるようであり、例えばIESEでもドイツ語を喋らないブラジル人もBerlinでインターンを獲得しています。町自体も新しく、住みやすく、国際色豊かでのびのびした雰囲気があります。Trek中にBerlinで働くIESE卒業生にも話を聞きましたがバックグラウンドも様々でした。この国際色豊かでオープンな町の雰囲気も様々なStart-upが生まれる一因なのではないかと実感しました。

 

    Berlinを同級生と楽しむ

勿論、Trekに参加したメンバーとのドイツ料理ツアー、クリスマスマーケットでのホットワイン・お買い物、ベルリンの壁(East Gallery)往訪、ホテルでの期末テスト勉強等もあり、期末テストの前という罪悪感がスパイスにもなり、非常に楽しかったです。IESEではチーム・セクションの結束が強く、家族のようなので、ついついチームと時間を過ごしてしまいがちですが、普段あわない違うセクション・チームの同級生と深い話をするよい機会となりました。

 

4.最後に

ヨーロッパは一つ一つの町の雰囲気が全く違います。Trekは、一つ一つの町をビジネスの観点から考える貴重な機会です。バルセロナは空港から市内へのアクセスが良く、気軽に欧州に旅立つことができます。IESEに興味のある皆さま、興味のあるTrekの参加者に詳しい話を聞いてみてください。