Impact Investment Competition

Class of 2018Sです。

 

今回は、IESEで行われている数々のコンペティションの中で、Impact Investment Competition(以下「IIC」)についてご紹介します。そもそもコンペティションとは、課外活動の一つで、IESEや他のBusiness Schoolのクラブ活動の一環、或いは外部の企業が主催する形で、特定のテーマ、例えばビジネスアイディアや投資案件の提案等について、IESE内外のチームと競い合うイベントです。要するに、世界中から集まる企業や対戦チームを相手に、これまでの自身のビジネス経験、IESEで学習した内容、更には新たに出会った学友とのチームワークを通じて、自分がどこまで出来るか「腕試し」をする機会です。

 

中でも、IICは年1回、IESEを含めた世界のBusiness School 10校が参加する大規模な大会です。参加チームは、ベンチャーキャピタルの社員としてロールプレイし、社会的意義の高い事業を行う実在のスタートアップ4社に対して、①Due Diligence、②マネジメントインタビュー、③ベンチャーキャピタル投資委員会への答申、④Founderとの交渉をシミュレーションします。この①~④プロセスでは、実際のVenture Capitalistsが審査員を務めますので、プロの目線で評価を受けることができます。

 

【チーム構成】

先ずは、IESEMBA学生1~2年生の中から自由にメンバーを組んで、チームを作ります。チームを構成する上で重要なことは、国籍・地域、性別、業界、Function(営業、財務等の職能)を多様化することです。IESEでは、世界大会に先駆けて、IESE代表チームを決める為の校内選考会を行います。その後、優勝したチームが計10校で競い合う世界大会に参加します。世界大会は各校1チーム5名ですが、校内選考会は1チーム4名で行われます。この1名の差には理由があり、IESE優勝チームは、校内選考会から世界大会までに、事務局が推薦する2位以下のチームの数名の中から、1名を世界大会メンバーとして追加します。事務局及び優勝チームは、選考会でのパフォーマンスを参考に、自分たちのスキル、経験、業界等を補完できるメンバーを選ぶことになります。ちなみに、私のチームは校内選考会で上位3位入賞し、結果、私が追加メンバーとして優勝チームに招待されました。

 

【スケジュール&大会内容概要】

11     主催者であるIESEVenture Capital Investment Clubからの説明会

12     IESE校内選考会1次選考

  • 投資やSocial Impactの基礎知識に関する筆記テスト。

1       IESE校内選考最終選考

  • 事務局から指定された実際のスタートアップ1社に関して、開示された事業・財務情報を基に、valuationterm sheet (株式取得契約及び株主間協定書の主要条件を纏めた基本契約書を含めた出資提案書を作成・事務局に提出。
  • 提案書提出の2日後に、IESE教授陣、同会社のCEOで構成された審査員に対して、投資に関する答申をプレゼン。
  • 上記提案書及びプレゼン内容に対して、審査員が採点、優勝チームを決定。

2       世界大会 @IESEキャンパス

  • 大会開催日の約1週間前に、対象の4社の事業内容、財務情報が開示される。
  • 大会当日迄に各チームは開資料やその他各自で集めた情報を基に各社評価を纏める。
  • 大会当日は終日かけて、以下スケジュールで進行。

 8:15-8:45           大会スケジュール説明

 8:45-10:00         4社からの会社概要に関するプレゼン

 10:00-12:15       4社の経営陣とのマネジメントインタビュー

 12:15-14:00       投資対象1社の選定、Term Sheet、投資委員会提案書作成

 14:30-16:15         投資委員会へのプレゼン

 16:15-16:45         選定した投資対象 1社との交渉準備

 16:45-18:30         選定した投資対象 1社との交渉

 18:45                    結果発表、カクテルパーティー

 

【学び・感想】

同イベントを通じて学べることは、ハードスキルとしては、Startupへの投資に関するValuation、ビジネスモデルの優位性分析、Social Impactの定性・定量的な評価、主要な契約書条件、出資後の当社会社としてのStartupへの支援方法等、Social Impact Investmentに関するステップ及び手法を習得することができます。ソフトスキルについては、チームメートとのチームワークやプレゼン技術に加えて、Venture CapitalistsSocial Entrepreneursとの折衝を通じて、質疑応答や交渉での度胸やリズム、ロジックも体感するできることができます。

 

ちなみに、大会結果に関しては、残念ながら3位入賞は果たせませんでしたが、優勝するために改善しなければいけない点は勿論、大会に勝つ為の要素だけ追及しても実際の出資では不十分な点、もっと言えば、投資家として自分がこだわりたい点を再認識することができます。例えば、優勝チームの交渉では、「こちらから一つの条件を飲んだら、先方から別の条件を引き出す」という大会上の評価基準は満たしていましたが、交渉相手との会話は膠着状態でした。私の経験上、実際の交渉では、双方が主張する条件の重要度は決して一対一ではない点や、条件と条件を交換するだけでは、双方のconcernは必ずしも解消されるわけではないですし、もっと言えば、テクニックに走ってFounderに不信感を与えると、出資後の協力関係にも支障をきたします。このように、自分の経験と照らして、必要なものとそうでないものを見極めながら、新たなスキルを習得できるのもこの大会の醍醐味だと思います。

 

もう一点、ぜひ付け加えておきたいことは、新しい挑戦には時として予想以上のリターンが返ってくるということです!本開会後、IESEで初の学生主体のSocial Impact Fund、「IESE for Impact CommunityIFIC)」が設立されることになり、私たちIESE優勝チームが同Fundの初代取締役に就任しました。既に初回の資金調達が完了し、20176月現在、追加のFundingと第一弾出資に向けたSourcingに取り組んでいます。こちらについてはまた別の機会に詳しくご紹介したいと思います。(IFICwebsiteはこちらです。https://ieseforimpact.wordpress.com/)

 

以上、Social ImpactVenture Capitalに関心がある方は、ぜひチャレンジしてみてください!